fbpx

性格は変えられる??

性格は変えられる??

かつて高校でスクールカウンセラーをしているときに受けた相談で、

「私、自分のことが嫌いなんで、性格を変えたいんですけど」

と相談されたことがありました。似たような相談は何件か受けました。

性格リフォームなんていう言葉もあります。

  

性格というのは行動のクセについたレッテルのことです。

ですから、相談してきた人に「行動を変えれば性格は変えられます。」と、答えていました。

たとえば、

頑固ものと言われるのであれば、周りの意見を受け入れて、自分の考えをわきに置く。人に従うようにすればいいのです。

細かいことを気にしがちな人は、おおざっぱに、物事を雑に処理するというように行動を変える。

ネガティブを変えたいのであれば、物事の良い面をみるようにする

などです。

行動を変えれば性格は変えられます。

 

でも、行動を変えることを邪魔するものがあります。

それは、感情です。

頑固な人が周りの意見を受け入れると、自分にとっては何とも気持ちが悪いのです。

細かいことが気になる人は、おおざっぱに物事を終わらせても、やっぱり後から細かいところを、きちんとしようとします。

ネガティブな人が良い面を見るように心がけても、なかなかそれを本当に良いものととらえることが難しいのです。

 

では、行動を変える前に感情を変えなければいけないのではないか?

ということです。

しかし、感情の力はとても強いのです。

考えて出てくるというよりも、反応として出てきます。

感情がでてきて、行動を変えようとする動きを止めてしまうのです。

そして厄介なことに感情は変えようとすればするほど、その力を増してしまうのです。

では、どうすればいいのか?

感情を変化させるコツはその感情をコントロールするのではなく、認めることなのです。そうすると感情は変わっていきます。

ですから、性格を変える第一歩は

「感情を認めること」となります。

このことを難しく考えないでほしいのです。

認めるというのは単に、「あ~今不快な感情があるな」と気づくだけで充分です。

感情を認知するんです。

それさえやっておけば、自然と性格は変わります。

それは気が付いたら変わっているという感じです。

性格は変えられます。

変えられるというよりも、感情を受け入れることで変わっていくもの、成長していくものというとらえ方が正しいかもしれません。

コラム一覧に戻る
ページトップへ