fbpx

どうせ自分なんてって思ってませんか?

どうせ自分なんてって思ってませんか?

黒板に1から10までメモリを振って

「あなたは自分の限界がこの1~10のどのレベルの人間だと思いますか?」

と、かつて学校に勤めているときに中学2年生の男の子たちに尋ねました。

一番高い子で6。ほとんどの子が3~4でした。

漠然とした問いかけでしたが、少なくとも多くの生徒が自分のことを低く見積もっていました。

とてももったいないと思いました。

そこは私立の中学です。受験を経て入ってきた生徒たちですから、レベルは全体的に高いはずなのです。

それにもかかわらず、3とか4くらいだと思っているわけです。

つまり、「どうせ頑張っても・・・」とか「自分なんてたいしたことない人間だ」

という思いが心の中にあるわけです。

彼らはクラブ活動も頑張ります。塾にも行きます。学校からもたんまり宿題が出ます。

私立なので、授業のスピードも速い。

でも、心の中に自分を低く見る思いが根強くあると、子どもたちが伸びる環境にあっても、その成長を阻むことになります。

自己否定感の強さは足かせとなってしまうのです。

伸び悩む子どもの多くの原因がこの自己否定感なのです。

いくらほめて伸ばしても「どうせ」という思いがあると、自分の良いところに目が行きません。

だから、自己紹介とか自己PRをしても面白くないんです。原稿読んでるだけみたいになってしまって。

 

自分を成長させるためには、どこかでこの自己否定感とは向き合わないといけません。

 

さて、この自己否定感ですが、実はなかなか厄介なんです。

プラス思考で太刀打ちすると、実は強まってしまうのです。

「自己否定感のある自分はダメだ」ともう一つ否定感が強まってしまうからです。

 

これも先日書いた性格を変えるときの感情への処し方と同じです。

自己否定感を取り除く第一歩は「認めること」から始まるのです。

 

自己否定感のない人はいません。誰にでもあります。偉そうに書いている私にもあります。

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは自分を否定する自分がいていいんだということです。

そこを認められるかどうかです。そうすると、「どうせ自分なんて」という思いが成長を妨害することはありません。

逆に「この程度の人間なのによく頑張ってるじゃないか」と思えるようになるのです。

 

コラム一覧に戻る
ページトップへ