どうして親がカウンセリングを受けると子どもの不登校が改善するのか?

不登校の問い合わせの多くは親御さん、それもお母さまからがほとんどです。そして「娘のカウンセリングをお願いします」とか「息子に会ってもらえますか?」と言われます。

もちろん、こちらも不登校している本人に会えるのであれば喜んで日程を決めてセッティングします。

しかし、多くの場合は、そんなにうまくいきません。まあ、見知らぬおっさんが突然あらわれて「あなたの悩みを話してごらん」と言われてもまあ話さないです。

ですから、まずはお問合せくださった親御さん(多くはお母さま)のカウンセリングをお勧めします。

これはお母さまにどこか悪いところがあるからカウンセリングをする必要があるというのではありません。不登校のお子さんを持つことはかなりの精神的な負担があるからです。子どもを育てるというのは特に問題がなくても、大変なものです。

それが学校に行かないとなると「なんでうちの子が」というショックがあり、「私の育て方が悪かった」という自責の念もつのってきます。そんな状況で、仕事や家事、家族の世話をしているわけです。そして学校に行ってさえいてくれれば何とかなる子ども教育や進路を考え、場合によっては通院も必要になってと負担が一気に増します。

それを引き受けていて平気でいられる方がちょっと怖いです。

また、お母さまにカウンセリングをすすめる理由はお母さまの精神的な負担を解消するだけではありません。お子様への関わり方についても考えることができるからです。

不登校に限らず、精神的な不調は関係性の病と捉えることができます。親子の関係の在り方を変容させると改善していくことが予想できます。カウンセリングを通じて日々の何気ないかかわりが変化していくと、とうぜんその先に居るお子様や他の家族にも良い影響を及ぼしていきます。

不登校している娘のためなら何でもします、という思いでカウンセラーを探されている場合、まずはご自身のカウンセリングを設定することを強くお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です