コラム

不登校のお子さんへの言葉がけが難しいのはなぜ?

不登校のお子さんへの言葉がけが難しいのはなぜ? 前向きな言葉がけがしづらい 「息子が不登校になり、部屋から出てきません。なんと言葉をかけてよいか分からないです」というご質問をよくいただきます。身近にお子さんがいる親御さん […]

不登校のお子さんへの言葉がけが難しいのはなぜ? Read More »

不登校の小学生・中学生・高校生に効果的なbeingアプローチ

不登校している小学生・中学生・高校生に効果的なbeingアプローチ 不登校は「ダメなこと」という価値観から抜ける 学校に行くのが当たり前で、不登校するのはいけないこと、という考え方は一般的です。ですから、何とか学校に行か

不登校の小学生・中学生・高校生に効果的なbeingアプローチ Read More »

高校2年生から不登校し始めて高校3年生になったあなたへ

高校2年生から不登校になって、大学受験を控える高校3年生になったあなたへ 不登校から大学受験はできるのか? 不登校だからといって大学受験をあきらめる必要はありません。不登校をしていても、通信高校に途中で転学したとしても、

高校2年生から不登校し始めて高校3年生になったあなたへ Read More »

不登校しているお子さんを持つ親がとるべき最も必要な対応

不登校しているお子さんを持つ親にとって最も重要な対応とは? 不登校対応で求められるものは? 不登校の対応を調べて、行動することよりも、実は難しいのが「待つこと」です。何もしないでじっと待っている、というのは、自分が「何も

不登校しているお子さんを持つ親がとるべき最も必要な対応 Read More »

不登校している中学生2年生に春だからやってほしい進路の話合い

不登校している中学生2年生に春だからやってほしい進路の話合い 春という季節に感じる進路のプレッシャー 年度が変わるこの「春」という季節。世間一般は新入生、新学期、新学年など「新○○」という言葉があふれます。特に不登校して

不登校している中学生2年生に春だからやってほしい進路の話合い Read More »

不登校している子どもを立ち直らせるヤバイ方法

不登校している中学生を立ち直らせる反抗期を活用したヤバイ方法 不登校の対応として休ませるの次が見えていない 子どもが不登校になってしまいました。まずは担任の先生、学年主任、そしてスクールカウンセラーなど学校に相談に行きま

不登校している子どもを立ち直らせるヤバイ方法 Read More »

不登校している中学生 ずっとゲームをしている やめさせた方がよい?

不登校している中学生 ずっとゲームをしているやめさせた方がよい? 不登校している中学生 ずっとゲームをしているやめさせた方がよい? 不登校しているお子さんに今日は何してた?とたずねると・・・ 不登校しているお子さんで、「

不登校している中学生 ずっとゲームをしている やめさせた方がよい? Read More »

子どもの自己肯定感を育むために最も大切な1つのこと

子どもの自己肯定感を高めるために最も大切な1つのこと 不登校になると、子どもの自己肯定感が下がる 子どもが不登校になり、スクールカウンセラーをはじめとした身近な相談者に話をすると、必ずと言っていいほど自己肯定感のことが話

子どもの自己肯定感を育むために最も大切な1つのこと Read More »

うちの子が不登校になったのは、子育ての失敗でしょうか?

「うちの子が不登校になりました。子育ての何が良くなかったのでしょうか?」 不登校と子育ての関係 お子さんが不登校になったというお問合せで、以前よく受けていたご質問が、不登校と子育ての関係です。 すごく落ち込んで、暗い表情

うちの子が不登校になったのは、子育ての失敗でしょうか? Read More »

不登校の中学生に説得が通じない理由

不登校の中学生に説得が通じないのは反抗期だからという理由だけではない 反抗期という側面だけとらえているとうまくいかないこともある 中学生は反抗期の真っただ中で、不登校しているお子さんに限らず親のいうことを素直に受け入れま

不登校の中学生に説得が通じない理由 Read More »

不登校している子どもが「やる気がない」「生きている意味がない」と発言した時に何と言ってあげればよいか?

不登校している子どもが「やる気がない」「生きている意味がない」と発言した時に何と言ってあげればよいか? 不登校の一つの心理状態として起こりうる「無気力」 「不登校」といっても、そのお子さんの状況は様々です。部屋から一歩も

不登校している子どもが「やる気がない」「生きている意味がない」と発言した時に何と言ってあげればよいか? Read More »

不登校のお子さんと進路の話はしづらい?

不登校のお子さんと進路の話はしづらい? うちの子が不登校になるなんて・・・ 我が子を不登校になるかも、と思って学校に送り出している親御さんはいらっしゃらないと思います。自分の子が不登校になるとは考えても見ないことなのです

不登校のお子さんと進路の話はしづらい? Read More »

不登校の終わりに向けて必要な2つの心構え​

不登校の終わりに向けて必要な2つの心構え 不登校から抜け出すための取り組み 不登校から抜け出すために親御さんは、本当にあちこちに出向て努力をされています。一時的に功を奏するものもありますが、根本的な解決にはならないという

不登校の終わりに向けて必要な2つの心構え​ Read More »

不登校をネガティブにとらえないための最も大切な考え方

不登校をネガティブにとらえないための最も大切な考え方 「不登校」ということばがもつインパクト 不登校という言葉はどうしてもネガティブな響きを持ってしまいます。みんなが学校に行っているという「当たり前」にできていることがで

不登校をネガティブにとらえないための最も大切な考え方 Read More »

不登校生が抱える3学期のプレッシャー

不登校生が抱える3学期のプレッシャーとは? 3学期は思った以上に早く過ぎ去ってしまう 3学期は授業日数が実は少ないです。祝日があるのと、入試関係で学校が休みになります。私立の中高一貫校であれば、中学入試と高校入試があり、

不登校生が抱える3学期のプレッシャー Read More »

不登校したお子さんが自立するプロセスで起きている心の葛藤

不登校のお子さんが自立するプロセスで心の中で起きていること 不登校の解決は自立であると述べてきました 私は不登校の解決は自立であるということを述べてまいりました。ここでいう自立とは自分の意志表示をして自分で決定することを

不登校したお子さんが自立するプロセスで起きている心の葛藤 Read More »

不登校対応は「様子を見る」だけでは足りない

不登校対応は「様子を見る」だけでは足りない スクールカウンセラーが設置されて30年近くたちます 文部科学省がスクールカウンセラーを設置するということを決めたのが1995年とされています。私立の学校や都道府県によってはそれ

不登校対応は「様子を見る」だけでは足りない Read More »

不登校のお子さんにかかわるときに 親が持つべき最も必要な心構え​

不登校のお子さんにかかわるときに親が持つべき最も必要な心構え 不登校のお子さんにかかわるときに親が持つべき最も必要な心構え 不登校のお子さんにかかわるときに親が持つべき最も必要な心構え 言葉のかけ方よりも大切な心構え 不

不登校のお子さんにかかわるときに 親が持つべき最も必要な心構え​ Read More »

不登校しているお子さんの自己肯定感をあげるためにできる3つのこと

不登校しているお子さんの自己肯定感をあげるためにできる3つのこと 不登校しているお子さんの自己肯定感をあげるためにできる3つのこと 不登校や行き渋りがあると自己肯定感は下がる 不登校しているお子さんの多くは自己肯定感が低

不登校しているお子さんの自己肯定感をあげるためにできる3つのこと Read More »