不登校中は友達に会ってはいけないの?

不登校をしていると、周りの目が気になります。特に、同級生であったり、同じ学校に通っている人にどう思われているか、気になり、見かけるだけでも嫌な気分になったりもします。

相手にどう思われているかというのはたいていは、「ネガティブ」な思い込みではありますが、「学校や住んでるくせに」とか「本当は仮病じゃないのか?」とか、実際に言われていないのに、言われているような気がしてしまい、気分は落ち込みがちです。

友達に会ってはいけないというよりも、むしろ会いたくないという時期の人もいるかもしれません。

しかし、実際に会ってみると、心配してくれていたり、学校に出てくるのを楽しみにしていてくれる人もいます。

不登校をしているからといって友達に会ってはいけないというルールはありませんが、それは、不登校をしている生徒自身の心の状態にもよります。友達に良く思われていないだろうなという思いがある以上は無理に会う必要もありません。一方で、会いたいなと思って連絡を取ること自体は悪いことではありません。友達から連絡がないのは、変に連絡してプレッシャーに感じられたらいやだからという気遣いからかもしれません。ですから、会いたいと思えば会えばよいし、そう思わないのであれば、無理に会わない、避けることも必要です。

大切なのは不登校している生徒自身の心のありようにプラスになるかどうかです。友達に会うことで、気持ちが前に向くのであれば会うことはプラスです。しかし、相手に傷つけられたり、こちらが気を遣ったり、会うことで気後れしたりプレッシャーを感じるのであれば、それは心に対してマイナスに作用します。

自分の気持ちと相談して、負担でない範囲であれば、学校に行くいかない関係なく、人間同士のつながりとして会うことは決して悪いことではありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen + fifteen =